糖尿病合併妊娠-奥沢駅徒歩3分、自由が丘駅徒歩6分の世田谷内科・糖尿病総合クリニック

祝日診療。世田谷区奥沢の内科・糖尿病内科・訪問診療・各種健診なら当クリニックへ。

祝日
診療

診療時間
09:30-13:00
14:30-18:00

※受付は30分前終了 ★9:30~13:30(13:15最終受付)

祝日
診療

診療時間
09:30-13:00
14:30-18:00

※受付は30分前終了 ★9:30~13:30(13:15最終受付)

糖尿病合併妊娠

糖尿病合併妊娠

糖尿病合併妊娠とは

糖尿病が妊娠前から存在しているママのことを言います。

妊娠前・妊娠中・出産後に気をつけること

  • 妊娠前

    まずは計画妊娠をおすすめいたします。

    妊娠可能な血糖値と合併症の有無が存在します。

    赤ちゃんの先天奇形の予防と妊娠中の厳格なコントロールのために、妊娠前のHbA1cは7%未満を目標値とします。

    また、妊娠をすると、急激に糖尿病の合併症が悪化することがあるため、眼科を受診していただいて、糖尿病網膜症が認められないこと、または安定していることも重要になります。また、腎臓も非常にデリケートな臓器なため妊娠時に悪化すると急激に腎不全になってしまうこともあります。

    ゆえに、合併症の評価と血糖値・HbA1cは下記基準を満たすようにしておく必要があります。

    妊娠許可基準

    • 血糖コントロール:HbA11c 7%未満
    • 網膜症:なしor良性網膜症に安定
    • 腎症:腎症2期(微量アルブミン尿)まで

    妊娠したら、今まで内服薬で血糖値を下げていたママもインスリン治療へ変更する必要があります。赤ちゃんにダメージが加わらないようにするためです。また、出産病院によっても、周産期の血糖管理が可能な病院で出産する必要があります。特に初めてのご出産の方は当クリニックへご相談ください。連携病院をご紹介させていただきます。

  • 妊娠中

    栄養指導を行いながら、それに対してインスリン量を合わせていきます。

  • 出産後

    出産が終わると、血糖値も低下します。産婦人科をご退院後は再度当クリニックにて加療をしていきます。もしも、血糖値が著明に低下してくるようであれば、インスリンを離脱し、内服薬へ戻すことも可能です。

糖尿病合併妊娠の治療法(当クリニックでの治療方針)

当クリニックでは、内服薬からインスリン治療へ切り替えさせていただきます。

赤ちゃんとママのためです。そして、ストレスのないマタニティーライフを送っていただくために、マタニティー用の食事指導を行わせていただきます。

産婦人科との連携をとりながら無事にご出産いただき、その後はまた当クリニックでインスリンから内服薬へ戻していければと思います。

地域医療連携病院一覧

世田谷内科・糖尿病総合クリニックでは、他医療機関と協力しながら、
地域から求められる医療を提供していきます。

電話予約: 03-6421-3803

電話予約