帯状疱疹ワクチン-奥沢駅徒歩3分、自由が丘駅徒歩6分の世田谷内科・糖尿病総合クリニック

祝日診療。世田谷区奥沢の内科・糖尿病内科・訪問診療・各種健診なら当クリニックへ。

祝日
診療

診療時間
09:30-13:00
14:30-18:00

※受付は30分前終了 ★9:30~13:30(13:15最終受付)

祝日
診療

診療時間
09:30-13:00
14:30-18:00

※受付は30分前終了 ★9:30~13:30(13:15最終受付)

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは?

帯状疱疹とは、みずぼうそう(水痘)と同じ、水痘・帯状疱疹ウィルス(varicella-zoster virus:VZV)によっておこる疾患です。 VZVは初感染では、みずぼうそう(水痘)を引き起こしますが、治った後も神経と神経のつなぎめである神経節に長期間潜伏をしてしまいます。すると、加齢や疲労にともなって、免疫力が低下すると、その潜伏していたVZVが再活性化して、帯状疱疹を引き起こします。

帯状疱疹

臨床症状としては、神経の分布領域に沿って帯状に皮疹が出現し、多くの場合強い痛みを伴います。そして、その皮疹が改善した後に、長期的に神経痛が出現することがあります。これを帯状疱疹後神経痛(PHN)といいます。帯状疱疹発症後3~6か月以上経過しても続く痛みを指し、その痛みは「焼けるような、刺されるような」痛みと表現されることもあります。

帯状疱疹の患者数は?

帯状疱疹の出現率は日本では、80歳までに約3人に1人が発症すると推定されており、50歳以上が患者の約7割以上を占めています。また、後遺症である帯状疱疹後神経痛(PHN)に関しては、50歳以上の患者さんの約2割がPHNへ移行すると言われています。また年齢が高くなるほどPHNへの移行率は高くなります。

帯状疱疹の合併症は?

  • 眼合併症:角膜炎・結膜炎・ぶどう膜炎・眼瞼下垂など
  • ハント症候群:顔面神経麻痺耳鳴り・めまい・難聴など
  • 中枢神経系:無菌性髄膜炎脳炎・脊髄炎など
  • 抹消運動神経障害:運動麻痺・筋萎縮・膀胱・直腸障害など
  • 播種性帯状疱疹:肺炎・肝炎など

帯状疱疹は周りの人に感染する?

これまで、みずぼうそうにかかったことのない乳幼児や免疫力の低下している御高齢の方に感染することがあります。

当クリニックでの予防接種(自費診療)

当クリニックでは、50歳以上の帯状疱疹予防をご希望の方に「シングリックス」という注射(筋肉)を行っております。

接種回数は2回です。2回目の接種は、1回目の接種から2か月後になります。

接種スケジュール
  • 例:1回目の接種が10月10日の場合、12月9日から2回目の接種が可能

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)の費用

  • 1回目
  • 21,000円
  • 2回目
  • 20,000円
  • 金額は税込みとなっております。

帯状疱疹ワクチン接種後の効果は?

50歳以上での有効性は97.2%、70歳以上での有効性は89.8%という結果がでております。

水痘ワクチンを接種するよりも2倍以上の効果があります。

帯状疱疹ワクチンの副作用

注射部位の疼痛が筋肉注射のため強くでることがあります。またお薬によるアナフィラキシーショック(血圧低下・呼吸苦などのアレルギー症状)が出現することもあります。

医師とのご相談のうえ、ご利用ください。

帯状疱疹ワクチンが接種できない方

  • 明らかな発熱を呈している方
  • 重篤な急性疾患にかかられている方
  • シングリックス成分で以前、アナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな方
  • 妊娠していることが明らかな方
  • 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する方、免疫抑制をきたす治療を受けている方

帯状疱疹ワクチン接種のお申込み

接種される1週間前にお電話、またはインターネットにてご予約ください。

地域医療連携病院一覧

世田谷内科・糖尿病総合クリニックでは、他医療機関と協力しながら、
地域から求められる医療を提供していきます。

電話予約: 03-6421-3803

電話予約